時は、天和3(1683)年。年明け早々の1月15日、京都の経済・産業界に衝撃が走ります。京都町奉行から、江戸幕府の呉服御用を務める茶屋四郎次郎を含む呉服師6軒をはじめ、絹屋や金糸屋、縫物屋、鹿子屋、染物屋が呼び出されます。