上林松寿が歩んだ人生や人柄を古文書や資料でひもとく講座が30日、京都府の宇治市植物公園であった。明治時代に朝顔園創設に至るまでの経緯で、宇治の茶師や東京での茶業技手として活躍した様子を市民ら30人が熱心に聞き入った。