【ブリュッセル共同】パラリンピックの車いす女子陸上メダリストで、安楽死申請を公表していたベルギーのマリーケ・フェルフールトさん(40)が死を決断し、同国東部の自宅で22日、医師の投薬を受け亡くなった。関係者が明らかにした。