緊急事態宣言の期限などについて大阪、兵庫の両府県知事とオンラインで話し合う西脇知事(1日午後4時5分、京都市上京区・京都府庁)

緊急事態宣言の期限などについて大阪、兵庫の両府県知事とオンラインで話し合う西脇知事(1日午後4時5分、京都市上京区・京都府庁)

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を巡り、京都府の西脇隆俊知事は1日、大阪、兵庫の両府県知事とオンラインで会談した。7日までの期間について「延長はやむを得ない」との考えで一致し、政府へ感染抑止策に必要な財源措置を求める方針で合意した。

 感染状況や医療体制の逼迫(ひっぱく)度を踏まえ判断した。会談で西脇知事は「(感染者数が)減少傾向だからといって(緊急事態宣言を)解除すれば、上昇カーブになるのではないかと危惧(きぐ)する」と述べた。

 政府は、緊急事態宣言の対象となっている関西3府県などについて、2日にも発令期間の延長を決定する見通し。