共産党の倉林明子参院議員

共産党の倉林明子参院議員

 共産党の倉林明子参院議員(京都選挙区)は2日の議院運営委員会で、経営面への懸念から新型コロナウイルス患者の受け入れに二の足を踏む医療機関に対し、国が責任を持って財政支援するよう菅義偉首相に対応を迫った。

 倉林氏は病床が逼迫(ひっぱく)している京都府の現状に触れつつ「重症患者の病床を確保するには急性期治療後の病床確保が決定的だ」と強調した。ただ医療現場では、病院経営を圧迫しかねないとの心配などから回復患者の受け入れが広がっていないと説明。「総理ね、全ての医療機関の経営を守るというメッセージを今発して」と水を向けた。

 首相はこれまでの支援策で減収になることは基本的にないとしながら「仮にあり得るのであれば、さらに対策を検討して医療現場の方々が財政面で躊躇(ちゅうちょ)することがないように政府としてしっかり対応する」と語気を強めて明言した。

 これには他党議員から拍手が漏れ、倉林氏も「そうだ」と首肯したが、最後に「今の決意を直ちに」と実行の念押しも忘れなかった。