「府民の消防賞」を受ける相楽中部消防署消防司令の瀧村昭人さん(23日、京都市中京区・京都新聞文化ホール)

「府民の消防賞」を受ける相楽中部消防署消防司令の瀧村昭人さん(23日、京都市中京区・京都新聞文化ホール)

 第37回京都新聞「府民の消防賞」の贈呈式が23日、京都市中京区の京都新聞文化ホールであった。消防や防災、人命救助などに大きな功績があった個人6人と1団体に表彰状と記念品が贈られた。
 式では、山内康敬京都新聞社社長が「長年にわたり京都に暮らす人々の安心と安全を守るために多大な貢献をされた。これからも京都の防災力向上へ力を尽くしていただきたい」とたたえ、表彰状やメダルなどを手渡した。
 受賞者を代表し、相楽中部消防署消防司令の瀧村昭人さん(59)が「受賞を励みとしてさらに心を引き締め、府民の防火、防災のため一層の努力をしていきたい」と力強く謝辞を述べた。

 ほかの受賞者は次のみなさん。
 東山消防署消防課消防司令 竹内義一▽中京消防署消防課消防司令 高嶋英樹▽京都市左京消防団副団長 小林晋▽久御山町消防団団長 村田和弘▽舞鶴市西消防団団長 川端省吾▽亀岡市消防団 (中井和寿団長)