コロナ禍で困窮する人々の中に、シングルマザーや、非正規で働く女性たちがいる。寄る辺ない思いを抱きながらも懸命に働き、生き抜こうとする女性に感染症の猛威が追い打ちを掛ける。「このままでは、生きていけません」。昨年の秋、1人の女性から、そんなメッセージが京都新聞社に寄せられた。
 新型コロナウイルス対策として、政府が年末年始休暇の延長を企業側に要請するというニュースが話題になっていた昨年10月。