新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は5日、新型コロナウイルスに感染していた2人が死亡し、10歳未満から90代までの男女32人が新たに感染したと発表した。症状は中等症が1人、他は調査中を除いて軽症か無症状。感染経路不明は18人だった。府内の死者は129人、感染者は8681人となった。

 市発表分の感染者は市内在住の30人だった。死亡した2人の年齢などは明らかにしていない。クラスター(感染者集団)関連では、利用者9人、職員7人の陽性が判明している市内の高齢者福祉施設で新たに利用者1人が感染した。

 また、市西院地域包括支援センターの20代女性職員が感染し、同センターの一部の業務を4日から休止、併設するデイサービスセンターも同日から休止している。

 府発表分は2人。居住地は宇治市と京都市各1人。