暖かな日差しの下で元気に鴨川の飛び石を渡る子ども(6日午後1時26分、京都市左京区)

暖かな日差しの下で元気に鴨川の飛び石を渡る子ども(6日午後1時26分、京都市左京区)

 近畿地方が高気圧に覆われた6日、京都市では青空が広がり、最高気温が3月下旬並みの15・8度まで上がった。川辺では暖かな陽光を受けて、薄着の子どもたちが元気に駆け回っていた。

 京都地方気象台によると、南から暖かな空気も入り込んで気温が上昇。最高気温は平年より6・8度高かった。

 高野川と鴨川が合流する左京区の通称「鴨川デルタ」では、昼時に弁当を広げたり、草に寝転がったりする人でにぎわった。飛び石を渡る子どもたちの歓声も響き、市民らが穏やかな休日を楽しんでいた。

注*当初、見出しと本文で4月上旬としておりましたが、3月下旬の誤りでした。お詫び申し上げます