「糸や綿が、命あるものから生まれてくるということをぼくは忘れかけていた」。写真家大西暢夫さんの写真絵本「お蚕さんから糸と綿と」はこう始まる…