千葉市のフクダ電子アリーナ((C)Jリーグ)

 千葉市のフクダ電子アリーナ((C)Jリーグ)

 日本サッカー協会は10日、3月30日にアウェーで予定されていたワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦を日本で開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染状況についてモンゴル連盟と協議し、アジア連盟(AFC)の承認を受けた。

 会場は千葉市のフクダ電子アリーナで試合開始は午後7時半。無観客で実施する。