京都市交通局が乗車券の大幅見直しを行った背景には、市バスの混雑に代表される市民の「観光公害」への不満がある。ただ観光客で収益を上げ、市民に還元するという目的はコロナ禍による経営難で薄まり、市民負担増となる可能性が高い。