京都府京田辺市が12日に発表した2021年度一般会計当初予算案は、ごみ処理施設など大型事業が本格化する中で、「しなやか 地域創造予算」と銘打ち、さまざまな危機に対応できる地域力の向上も意識して予算を配分した。