「コケシ・セレナーデ」という映画がある。一場面だろうか、コケシが並んだ作品の写真を見ても、どんな内容なのか、まったく分からない。ただ、そこはかとなく面白そうなにおいが漂う。試しに見てみたら、いとおしさの詰まった手作り感のあるドラマだった。

 京都みなみ会館で19~25日、1週間限定で公開される。シネコンとかでは掛かりにくい小品。好き嫌いは分かれるかもしれないけど、個人的には埋没してしまうのは惜しい一本といえる。