NISSHAが12日発表した2020年12月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が70億円の黒字(前期は172億円の赤字)だった。新型コロナウイルスの影響でスマートフォン向け部品需要が伸び、人員整理に伴う固定費の圧縮などで収益が大きく改善した。