米製薬大手ファイザー社が開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンの特例承認が決まり、来週に国内で初の接種が始まることになった。既に接種が進む欧米に後れを取ったが、流行の収束に向けた大きな一歩になる。ただ、大多数の国民が接種を終えるには長い期間を要する。当面は現状の感染予防策を緩めてはならない。