新型コロナウイルスの影響で打撃を受ける京都の伝統産業界で、新しいビジネスモデルを模索する動きが広がっている。コロナ禍による需要の激減で、市場や匠(たくみ)の技の一層の先細りに対する危機感が強まっているためだ。デジタル技術などを活用し、社会変化に適応した事業モデルを生み出そうとしている。