政府が公立小学校で1学級当たりの児童の上限人数を35人に引き下げると決めた。一律の引き下げは約40年ぶりだが、京都府や滋賀県の教育現場では歓迎の声がある一方で「大きくは変わらない」という冷静な見方もある。すでに国や府県による教員の加配措置で1学級35人以下となっている学校が多いためだ。教育委員会からは逆に