京都市の公共施設の運営団体を決める指定管理者制度で、応募が1団体にとどまるケースが相次いでいる。競争性に乏しいとして、市議会からは改善を求められた。市民サービス向上のため競争性をどう向上させるかは制度開始当初からの課題だが、なかなか解決していないのが現状だ。背景を探った。