尹東柱の死を悼み、詩碑に献花する参加者(京都市上京区・同志社大今出川キャンパス)

尹東柱の死を悼み、詩碑に献花する参加者(京都市上京区・同志社大今出川キャンパス)

 同志社大留学中に治安維持法違反で逮捕され、1945年に27歳の若さで獄死した韓国の詩人、尹東柱(ユンドンジュ)をしのぶ献花式が13日、京都市上京区の同大今出川キャンパスで営まれた。参列者が無念の死を遂げた詩人の鎮魂を祈った。

 韓国・朝鮮人の同志社大OBらが1995年から毎年実施している。26回目の今年は新型コロナウイルスの影響で参加者は例年の半分以下の約20人だった。

 式には呉泰奎(オテギュ)・駐大阪韓国総領事も参列し、「韓日関係は難しい時にあるが、文化と芸術を通じて共感の輪が広がれば」と述べた。