枝豆を収穫するラグビーニュージーランド代表のファンら(京丹波町高岡)

枝豆を収穫するラグビーニュージーランド代表のファンら(京丹波町高岡)

 ラグビーワールドカップ日本大会で4強に勝ち進んでいるニュージーランド(NZ)代表チームの家族やファンが23日、京都府京丹波町高岡の「京都・丹波食彩の工房」を訪れた。枝豆の収穫体験や、京丹波の食材を使ったランチを楽しんだ。


 日本の農業に触れてもらおうと、地元の農業団体「竹野ファーマーズ」などが、NZファン36人の来日に合わせて企画した。
 参加者は収穫体験で枝豆を枝からもいで丁寧に袋に詰めた後、枝豆ご飯や黒豆の煮豆、同町産のタマネギやカボチャが入ったみそ汁を味わった。
 NZ代表メンバーのバレット3兄弟の父ケビン・バレットさん(53)も訪問。カナダ戦で3人全員がトライを奪う史上初の快挙を成し遂げた活躍ぶりに「息子たちを誇らしく思う。優勝できるよう応援します」と意気込み、京丹波については「山々や穏やかな気候がニュージーランドのようで落ち着く」と笑顔を見せていた。