青年の普遍的思索が綴(つづ)られた名著。日本では、実に四十年ぶりの復刊となる。著者がこの本を書いたのは三十二歳、当時の彼はまったくの無名だ…