藤堂高虎が描かれた自販機(甲良町・藤堂高虎ふるさと館「和の家」)

藤堂高虎が描かれた自販機(甲良町・藤堂高虎ふるさと館「和の家」)

 滋賀県甲良町出身の戦国武将藤堂高虎のイラストを描いた自動販売機が、藤堂高虎ふるさと館「和の家」など町内4カ所に登場した。同館の自販機は硬貨を入れると、高虎をイメージした低く力強い声が「コロナとの合戦、備えはよろしいかな」と新型コロナウイルスへの注意喚起を呼び掛ける。

 飲料メーカー「ダイドードリンコ」(大阪市)が、まちの活性化に役立ちたいと町と共同で企画した。同社はこれまでに福知山市に明智光秀、近江八幡市に織田信長の自販機を設置している。

 同館で11日、披露イベントが開かれ、田中良治館長(72)らが甲冑(かっちゅう)姿で登場して盛り上げた。同館の自販機はマスクや除菌シートも販売し、商品が出る時に「大義である。常日頃から備えをな」と高虎の声が流れる仕組み。声を吹き込んだ田中さんは「武将の貫禄を表現しようと心掛けた。コロナ対策を意識するきっかけになれば」と話した。

 近江鉄道尼子駅、町公民館、町観光協会にも飲料専用の自販機が置かれ、購入時には町や高虎をPRする別のせりふが流れる。