京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は16日夕、大雪などに関する気象情報を発表し、17日から18日にかけて京都府北部を中心に荒れた天気への警戒を呼びかけた。冬型の気圧配置が強まるためで、北部に大雪や暴風雪の警報を発表する恐れがあり、京都市街でも積雪する可能性があるという。

 気象台によると、雪は17日から北部を中心に降り始め、ピークは18日になる見込み。18日午後6時までの24時間に予想される雪の量は、

北部の山地 50~70センチ

北部の平地 40~60センチ

南丹・京丹波と京都・亀岡の山地 30~50センチ

京都・亀岡の平地 1~5センチ 

 また、17日には風が強まり、予想される最大瞬間風速は、

北部陸上 30メートル

北部海上 35メートル

南部陸上 25メートル