近年、児童生徒の多様性を尊重した特別支援教育の重要性が叫ばれ、公立学校では全国的に特別支援学級に在籍する子どもが増加している。なぜ「先進的な取り組みをする地域のモデル校」であるべき京都教育大付属京都小中学校(京都市北区)で同学級が廃止の対象となったのか。