増川隆洋

増川隆洋

 J2京都サンガFCは17日、2018、19年に所属したDF増川隆洋(41)が現役を引退すると発表した。豊富な経験と穏やかな人柄で、サンガではチームメートから「ますさん」と呼ばれ、精神的支柱にもなった。

 兵庫県生まれ、大商大出身。福岡でプロをスタートし、名古屋では191センチの長身を生かした守りで10年のJ1初優勝に貢献、ベストイレブンにも輝いた。神戸、札幌を経て2年間プレーしたサンガでは、最終ラインで体を張り、J3降格危機にあった2018年シーズンを支えた。

 増川は「昨年無所属になった後も現役続行の道を熟考したが、この場を借りてけじめをつけさせていただきます。5クラブで17年間もプレーさせていただき、どのクラブでも多くの方のサポートのおかげで充実した現役生活を送ることができました。支えてくれた友人や指導者の方々、各クラブ関係者の皆様、監督、コーチ、チームメート、スポンサー企業の方々、ファン、サポーターの皆様、私に関わってくれた全ての方々に感謝します」とコメントした。