京都地検

京都地検

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者への嘱託殺人事件で、共犯とされる医師を診察せずに健康診断書を交付したとして、京都地検は17日、医師法違反の罪で、仙台市の医師大久保愉一(よしかず)被告(42)=嘱託殺人罪などで起訴=を追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、大久保被告は2018年10月11日、当時勤務していた宮城県内の病院で、嘱託殺人罪の共犯として起訴された医師山本直樹被告(43)=東京都港区=に対し、診察をせずに健康状態に問題がないという診断書を作成してメールで送信するなどした、としている。

 診断書には医師の所見として「就労に問題なし」と記載されており、山本被告は当時勤務していた山形県内の病院に診断書を提出していたという。