前原誠司氏

前原誠司氏

 国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)が17日、菅義偉首相と予算委員会では初めての論戦をかわした。ライフワークの外交・安全保障に論点を絞り、尖閣諸島を巡る領海警備において中国に厳しい態度で臨むよう促した。

 前原氏は外国船舶への武器使用を可能にした中国の「海警法」が国際法違反に当たると指摘し「中国に遠慮する必要はない」と強硬姿勢を説いた。固有の領土を守るため、自衛隊による海上警備行動を含めた切れ目のない対応を訴え「国家の意思を示すべきだ」とリーダーの気構えを問うた。

 首相は手元の答弁書を読み上げ「冷静かつ毅然と対応したい」と返答。前原氏は「自分の考えでお答え下さい」と再度迫ったが、首相は棒読みを繰り返した。

 外相時代、尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内と米国から言質を取った前原氏。論戦を終え、この分野に一家言あった前首相を引き合いに出し「安倍さんだったらもう少し答えてくれたかな」と物足りない様子だった。