新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は17日、10代から80代までの男女17人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。全員が無症状か軽症で、感染経路不明は6人だった。府内の感染者は8955人となった。

 京都市の発表分は12人。クラスター(感染者集団)関連では、患者5人が感染した府立医大付属病院(上京区)で患者1人、利用者や職員計9人が感染した市内の高齢者福祉施設で職員1人が、新たに陽性となった。

 府の発表分は5人で、居住地は福知山、城陽、八幡、亀岡、精華の4市1町で各1人。

 また府は同日、新規陽性者の7日間平均が18・86人となり、府の独自基準のうち最も警戒を要する「特別警戒基準」の目安となる20人を下回ったため、「警戒基準」に引き下げたと発表した。