京都府内に18日に届いた米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン。既に米国などで行われた治験で95%の予防効果があるという報告があり、新型コロナの感染拡大を防ぐ有力な手段と期待されている。米ファイザー製ワクチンについて現在で分かっていることを、京都府立医科大の内田智士准教授(核酸医薬)に聞いた。