「京都らしいパンをつくろうということで、伏見の酒粕を仕入れて、どう使うか試作を重ねました」とスタッフの岡田健右さん。試作の末に酒粕を蒸して…