授乳やおむつ替えなどに使えるベビーケアルーム(長岡京市長岡2丁目)

授乳やおむつ替えなどに使えるベビーケアルーム(長岡京市長岡2丁目)

 京都府や経済団体などでつくる「きょうと子育て環境日本一推進委員会」は、子連れでの外出を支援するモデル事業を府内5商店街や一部コンビニで展開している。事業に参加する店舗「きょうと子育て応援施設」がトイレを貸し出しているほか、授乳ができる設備や子ども同伴優先の駐車場を設けている。3月12日まで。

 子どもと一緒の外出では突然泣きだしたり、授乳の必要が生じても場所がなかったりして困っている保護者は多い。子育てしやすい街をつくるため、地域ぐるみで支援する機運を盛り上げようと企画した。

 応援施設は▽北野商店街(京都市上京区)▽京都三条会商店街(中京区)▽七条中央サービス会(下京区)▽宇治橋通り商店街(宇治市)▽セブン商店会(長岡京市)-の計63店舗。コンビニ「セブン―イレブン」の長岡京、京田辺、木津川各市の13店舗も参加する。

 これらの店舗は小学生以下の子どもを連れた人を対象に、キッズスペースの設置や買い物中の商品一時預かりサービス、トイレの貸し出し、授乳室の提供などに取り組んでいる。

 7店舗が参加するセブン商店会では、各店舗が店先に「ベビーカーでそのまま店内へどうぞ。トイレも貸し出ししてます」「SOSかけ込みOK」など支援内容を書いたステッカーを貼っている。商店街の一角には授乳やおむつ替え、離乳食を与えることなどができる臨時のベビーケアルームを府が設置している。

 同商店会ではモデル事業後も独自に取り組みを続けるといい、空きスペースの改修などでベビーケアルームと同じ機能を持つ施設の設置を検討している。林定信会長は「モノやサービスの販売だけではなく、困っている人の手助けを身近な商店街ならできる。地域コミュニティーの中核として商店街の復権にもつながるのではないか」と話す。

 府こども・青少年総合対策室は「利用者へのアンケートなどで効果を分析し、子育てを応援する地域を増やしていきたい」としている。