京都市はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、幅広い業種を対象とする支援策を検討していると明らかにした。飲食店は営業時間短縮を要請されている代わりに一定の支援を受けられるものの、他の業種は十分な支援を受けられていないことが課題となっている。