タイモン・スクリーチさん
松平莉奈さん
石上阿希さん
荒木浩さん

 国内外のゲストとのユニークな共同研究で知られる国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)が、京都新聞社と連携してこれまでの蓄積と最新の成果を市民向けに発信します。第2回は「京と江戸 美の文化学」をテーマにディスカッションします。(入場無料、事前応募制)

【日時】2021年3月28日(日)午後2~4時(午後1時30分開場)
【会場】京都市京セラ美術館講演室(京都市左京区岡崎円勝寺町)
【内容】パネルディスカッション/パネリスト=タイモン・スクリーチ氏(ロンドン大教授、東京外国語大客員教授)、松平莉奈氏(画家)、石上阿希氏(日文研特任助教)、進行=荒木浩氏(日文研教授)。※日本語で行います
【申し込み】keikaku@mb.kyoto-np.co.jpへ、「住所、氏名、年齢、電話番号」を記入して3月15日までに送ってください。ファクスは075(222)2200へ。はがきは〒604-856京都新聞COM「京都アカデミックブリッジ」係へ。抽選で45人に聴講券を送ります。
【主催】国際日本文化研究センター、京都新聞
【協力】文化庁地域文化創生本部
 ※新型コロナウイルスの感染状況により、内容や開催日を変更する場合があります