立命館大学

立命館大学

 立命館大は19日、2日に計11学部で実施した一般選抜入試の全学統一方式(文系)の選択科目「日本史」で出題ミスがあり、42人を追加合格としたと発表した。

 立命大によると、日本史は2182人が受験。ミスがあったのは歴史的出来事が起きた年を答える問題で、問題文の記述が曖昧だったため一つの正答を導けなくなっていた。配点は100点満点中2点だった。

 15日にホームページ上で解答例を公表したところ、夜に高校関係者から指摘があった。受験者全員を正答として再度合否判定した結果、42人が出願先の学部や学科の合格最低点を上回った。17日の合格発表日までに作業が間に合わず、追加合格者には電話連絡して経緯を説明し謝罪したという。