京を舞台に、天狗(てんぐ)が恩返しをしようとする昔話がある。その絵本の語りと、同じ話を基にした室町時代から伝わる古典の能「大会(だいえ)」を続けて上演する珍しい能楽公演が3月、京都市内で開かれる。片山九郎右衛門さん(56)ら京都の一線の能楽師が出演し、入場は無料。本格的舞台を親しみやすく届ける。