触手話

触手話

【触手話とは】 視覚と聴覚の両方が不自由な「盲ろう者」が、相手の手話を手で触って読み取るコミュニケーション手段。特に手話を母語とする盲ろう者が使う。全国盲ろう者協会のホームページによると、盲ろう者は全国に少なくとも1万4千人いる。