絵本「じごくのそうべえ」などで知られる作家・染色家の田島征彦さん(81)は、古くから伝わる型染めの技法を用いて、力強さや躍動感あふれる絵を生み出す。京都・丹波での暮らしを経て、いまは淡路島(兵庫県淡路市)に在住する田島さんの自宅を訪れ、創作への思いや制作エピソードを聞いた。