日本映画史上の傑作「羅生門」がベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得して今年で70周年を迎えました。「Rashomon effect(羅生門効果)」なる専門用語も生み出した名作は、世界各国で魅力的なストーリーに習った作品を生み出したそうです。それもあってでしょうか、「聖地巡礼」さながら、今も国内外から門の跡地を訪問する人々があると聞きます。羅生門のモデルとなった平安時代の「羅城門」は、現地に地名と石標があるのみですが、姿はなくとも、いわば門の痕跡が私たちの関心を集めているのでしょう。興味深いことに、すでに平安期からその「痕跡力」を確認できます。