新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言について、京都府の西脇隆俊知事は23日、大阪府の吉村洋文知事と兵庫県の井戸敏三知事と共同で、2月末をめどに宣言を解除するよう政府に要請した。3府県は新規感染者の減少や医療提供体制の改善状況から「緊急事態を脱した」と主張し、3月7日の期限を待たずに前倒しで解除が可能と訴えている。