京都府警本部

京都府警本部

 京都府警は24日、運転免許証の発行に関するシステムが停止するトラブルがあり、169人に免許交付ができなかったと発表した。同日夜にシステムは復旧し、府警は25日の免許発行業務は通常通り再開するとしている。

 府警によると、24日午後2時10分ごろ、府運転免許試験場(京都市伏見区)の運転免許管理システムがダウンした。試験場や京都駅前運転免許更新センター(下京区)ではトラブル発生後、67人がすでに更新などの手続きを終えており、さらに102人が来場したが、いずれも免許を交付できなかった。

 システムは2年前に導入した。原因はシステム内部の電源供給部品の故障とみられ、府警運転免許試験課は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない」としている。