京都市議会で26日、2021年度から5年間を期間とする「市基本計画案」を審議する特別委員会が始まった。議員らが財政難や人口減少、コロナ禍の課題を取り上げた。3月3日には門川大作市長が出席する総括質疑が行われる。