西山美香さん

西山美香さん

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で患者を死亡させたとして、殺人罪で懲役12年の判決が確定し服役後、再審で無罪判決(確定)を受けた元看護助手西山美香さん(41)=同県彦根市=が、国と滋賀県を相手に約4300万円を求め、3月4日に審理が始まる国家賠償請求訴訟で、国と県が請求棄却を求めて争う方針であることが26日、分かった。


 西山さんは昨年12月、殺人容疑で逮捕した県警や検察の違法な捜査などで精神的、財産的損害を受けたとして提訴した。3月4日に第1回口頭弁論が大津地裁で行われる予定で、国と県側は26日までに答弁書を同地裁に提出。ともに請求の棄却を求めるとした上で、詳しい主張については「追って明らかにする」などとした。

 取材に対し、県警監察官室は「裁判以外の場では答えられない」、大津地方法務局は「主張は今後の訴訟の中で明らかにする」としている。

 訴状によると、西山さんは県警による「自白」の誘導などの結果、「誤った有罪判決で長期の身体拘束を受けた」と指摘。大阪高裁が2017年12月に再審開始決定を出した後、検察が理由なく特別抗告をしたため、無罪獲得が遅れた、などとしている。