京都市は約2万3千戸ある市営住宅について、戸数の削減や家賃減免制度の見直しを進める方針を打ち出している。入居者が年々減少傾向にあり、戸数を維持するという従来方針を転換した。