ヤマトホールディングスの新しいクロネコマーク(同社提供)

 ヤマトホールディングスの新しいクロネコマーク(同社提供)

 ヤマトホールディングスが新設した「アドバンスマーク」(同社提供)

 ヤマトホールディングスが新設した「アドバンスマーク」(同社提供)

 宅配便大手ヤマトホールディングスは1日、ブランドを象徴する「クロネコマーク」のデザインを変更し4月1日から使用開始すると発表した。現行マークを使い始めた1957年から64年間で、初めてのデザイン変更となる。

 新マークはクロネコの目や耳、足の細かい形をシンプルに表現。「安心・丁寧」を象徴する親ネコが子ネコをくわえて運ぶ様子は残したまま、親しみやすさを強調した。黒い縁も取り除き、やわらかさや広がりをイメージした。引き続き、町中を走る集配車両や台車に使用する。

 クロネコマークとは別に、新サービス展開のため、ネコの親子をあしらった「アドバンスマーク」も新設した。