衆院国民民主党会派の代議士会であいさつする川端氏(国会内)

衆院国民民主党会派の代議士会であいさつする川端氏(国会内)

 滋賀選出の国会議員だった川端達夫・前衆院副議長が2日、国会に現れ、国民民主党会派の代議士会に飛び入り参加した。自身がかつて所属した旧民社党を引き合いに、少数政党で活動する後輩議員を激励した。

 衆院国民会派は前原誠司元外相(京都2区)や井上一徳議員(比例近畿)ら10人と少ないが、政府の政策を先回りして提案する「政策先導型」を掲げ、野党の中で独自色を強めている。国民滋賀県連顧問の川端氏は「堂々と活動し続ければ必ず人はついてくる」と信念を貫く大切さを訴えた。

 別の用件で上京したというが、旧知の議員から誘われ、午後の本会議前にあった代議士会で急きょあいさつに立った。旧民社党時代の話を持ち出し「主張が退けられて厳しい時には自分の努力が足りないと思ってやってきた。(国民民主党も)厳しいことは分かっているがこの国のために頑張って、議席が2倍、3倍に増えるように」と願いを込めた。