【資料写真】2019年の「びわ湖開き」

【資料写真】2019年の「びわ湖開き」

 びわ湖大津観光協会(大津市御陵町)は、湖国に春の到来を告げる「びわ湖開き」を6日に開催する。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止された。今年は湖上パレードの一般乗船は募集せず、動画で様子を配信する。

 びわ湖開きは、水の恵みに感謝し琵琶湖の環境保全を呼びかけようと毎年この時期に行われ、NHK連続テレビ小説の出演者が1日船長を務める。昨年は、国の感染防止要請を受けて中止し、関係者のみで安全祈願を行った。

 今年は1日船長は置かず、遊覧船ミシガン船上からの「黄金の鍵」の投げ入れは、三日月大造滋賀県知事らのみで行う。湖上パレードに参加する客船やボート、ヨットへの一般乗船は募集せず、代わりに同協会のユーチューブチャンネルで生配信する。

 同協会は「琵琶湖から日本全体に明るい春が訪れるよう、疫病退散を祈願したい」としている。