裁判所と弁護士事務所などをインターネットでつなぎ、民事裁判の手続きを行う「ウェブ会議」が広がっている。民事裁判のIT化の一環で昨年2月に東京地裁などで先行して始まり、京都地裁では5月から導入。12月からは全国50の地裁本庁全てに拡大した。