サッカーJ2の京都サンガは2日、ホームの西京極陸上競技場(京都市右京区)で鹿児島と対戦する。開幕の新潟戦は0―0で引き分けたサンガは、2試合連続のホームでJ3から昇格した鹿児島を迎える。開幕戦を4―3で制し勢いづく相手から初ゴールと初勝利を奪いたい。

 新潟戦は後方から堅実にボールをつなぎ、昨季と異なるスタイルを見せた。中田監督は「積み上げてきたことがやれた部分もあった。もっと相手ゴール前で勇敢さやアイデアを出したい」と語る。

 鹿児島は中盤の中原秀が長短のパスを出し、鋭い速攻を仕掛ける。昨季途中まで鹿児島に所属した黒木は「彼が攻撃の中心。しっかり抑えたい」。鹿児島出身のルーキー上夷は「複数の選手が湧き出るように攻めてくる。リスク管理が大事」と気を引き締めた。