京都市観光協会がまとめた2020年のデータ年報によると、京都市内の宿泊施設数は、新規開業から廃業を引いた件数が62軒となり、2015年以降で初めて減少に転じた。